年間事業方針

我々一般社団法人糸島青年会議所は様々な事業を通して、明るい豊かな糸島地域を創造するために諸先輩方が永きに亘りつむいでこられ、本年度で創立42年目を迎えます。しかし、JCの活動・運動の根源である会員は40歳で卒業を迎え、また低迷する経済状況も一因となり会員数は減少傾向にあります。会員の減少はJC活動や存続において最重要課題であり、これからの糸島地域の未来へつなぐ会員の拡大・育成が必要です。
まずは、多くの仲間を糸島JCに迎え入れるために、当委員会がLOMの中心として拡大活動に取り組みます。そして特に近年、日本中のLOMで会員の在籍年数の低下が叫ばれており、残存年数を多く残すメンバーの拡大が重要なことであると念頭においた会員拡大活動を行い、糸島JCのさらなる飛躍につなげます。また、規律ある運営を行うために、会費の納入や白ブレ・JCポロシャツの購入等を勧誘時にしっかりと伝え、定款・諸規定の重要性を感じていただきます。そして、幅広い会員拡大情報を収集するために、例会時に会員拡大タイムを設け、メンバー全員の会員拡大意識を高めます。また、新入会者・仮入会者のJCに対する見識を深め、自己成長を促すために、新入会員・仮入会者向けオリエンテーションを開催し、JCへの理解を深めると共に自ら率先して活動できる魅力あるJAYCEEを育成する事業を行います。そして、2018年度新たに糸島JCの仲間となったメンバーと既存メンバーとが親睦を深めるために、新入会員事業を開催し、議案作成や事業運営のプロセスを学びながら、新入会員・仮入会者同士の絆やJCへの理解を深めます。

我々未来へつなぐ会員拡大委員会が中心となり、糸島JCの力の根源である新入会員を増強し、あらゆる分野で活躍する憧れの存在へと成長することによって、我々の活動はさらに力強いものとなり、そこからつむぎだされる希望の光が明るい豊かな社会への一助となることを確信し、事業を展開して参ります。

担当常任理事
田中 宏明
委員長
榎田 芳紀
副委員長
川原 拓朗
委員会メンバー
山下 綾